英会話情報サイト【ENGLISH CONVERSATION】

中英語

英語の歴史における大事件、ノルマン人の王ウィリアムズによるイングランド征服(ノルマン・クエスト)が起こり、言語環境が一変しました。

ノルマン人の言語、ノルマン・フランス語(パリなどで話されていた標準のフランス語ではなく、フランス語の方言にあたる)が公用語となり、宮廷・議会・学校などで用いられるようになり、英語は庶民階級でのみ使用されるようになり、また学者や聖職者は書き言葉としてラテン語を使用しました。言語の3重構造が生まれたのです。

肉を食べる上流階級はノルマン・フランス語のboef (=beef 牛肉)を使い、庶民はox(雄牛)やcow(雌牛)を使う。beef はフランス語を起源とし、cow はゲルマン語を起源としています。日本語なら牛に肉をつけて、牛肉となっているところが、英語では別々の単語になっている理由がここにあるのです。swine(メス豚、ゲルマン語源)とpork(豚肉、フランス語源)も同様です。英語が世界でも有数の語彙数をもっていることに、ノルマン・クエストが大きく関係しているのです。

1205年、ノルマン人のジョン王がフランスとの戦いに敗れ、ノルマンディー(フランス北西部の地方)の土地を明け渡したことをきっかけに、ノルマン人の貴族たちはイギリス人としての自覚を持つようになりました。

また、フランスとの百年戦争(1337年〜1453年)の中、敵国の言語であるフランス語に対する国民感情から、1362年フランス語は公用語としての地位を失い、英語が再び公用語として復活しました。

英語が主流になるにつれて英語に不足していた語彙がラテン語、フランス語経由で大量に入ってくるようになりました。文化水準の高かったフランスから積極的に語彙を借用したため、様々な単語がフランス語から取り入れられています。例えば、政治関係ではadminister, government, parliamentなど、法律関係ではcourt, judge, suitなどの言葉になります。

またこの時期に、名詞の性や格変化が失われて、語順によって意味を表すようになり、文法が単純化されました。さらに、書き言葉には長らくラテン語が使われていたため、書き言葉と話し言葉が分離していましたが、14世紀末にチョーサーが「カンタベリー物語」を英語で表してから文字としての英語も認知されるようになって着ました。

15世紀には「大母音推移(母音の発音の仕方が変化する現象)」が起こり始めました。しかし、音の変化を文字に反映させなかったため、発音と綴り字の不一致という英語特有の現象が起こる事となったのです。例えば、timeはもともとは、timaと綴り、「ティーマ」と発音していましたし、fiveは「フィーヴェ」、rootは「ロート」、seekは「セーク」と綴りどおりに発音されていました。

近代英語

印刷技術の発展は近代英語に大きな影響をもたらしました。

英語には多くの方言がありましたが、印刷する際にはスペリングを統一する必要があったのです。ロンドンが印刷地であったため、ロンドン英語のスペリングが使用され、ロンドン英語が標準英語となるきっかけができました。

16世紀から17世紀(イギリスにおけるルネサンス期)には、文人たちが、英語の水準を高めようと、英語にない言葉を積極的にラテン語やギリシア語などから借用し、多数のラテン語が英語に定着するようになりました(technic,analogy, anonymous, communicate, nominateなど)。原典のギリシャ語から新約聖書が、また原典のヘブライ語から旧約聖書が直接英訳されたのもこの頃でした。1611年に出版された欽定訳聖書は、改訂を重ね、一般に行き渡ったため英語の文体に影響を与え、聖書の英語が日常に入ることとなりました。

一方でフランス語からの借用も続けられていました。しかし、以前のノルマン・フランス語ではなく、パリを中心とした中央フランス語(標準フランス語)から借用するようになり、本来ラテン語やギリシア語源の言葉がフランス語を経由して英語に取り入れたり、ラテン語やギリシア語から直接借用したり、様々な形で言葉を借用したため、もともとは同じ単語であるものが複数存在したり(2重語、3重語)、本来1つの単語であるものが形や意味を変化させ、複数存在するケースも多数起きました。例えば、fact(事実)はラテン語の「成されたこと、行為」を表す factum から直接英語に取り入れられましたが、一方feat(偉業、離れ業)はラテン語の factum を同一語源しますがフランス語経由で取り入れられたため、もともとの「行い、行為」という意味が廃れ、「偉業、離れ業」という意味で使われるようになったのです。

現在一般にいう英語文法は18世紀頃に整いました。